あおぽんといっしょ

株式投資の不労所得でセミリタイアを目指すリストラ寸前ビジネスマンあおぽんのブログ

4-4. そうだ 宮城県、行こう。(3/47)

 1. 日本>宮城県

宮城県は東北地方の太平洋側に位置しています。岩手県、秋田県、山形県、福島県と隣接しています。

 

宮城県をGoogle Mapで見てみると、こんな感じです。県庁所在地のある仙台市へのアクセスは東北新幹線、空の玄関口として仙台空港がありますので、非常によいです。東京からだと、新幹線が便利ですが、常磐自動車道や東北自動車道あるので、車を使っても行けない距離ではないです。

 

f:id:aopin:20190112201740p:plain 

 

 

宮城県は食材王国みやぎを謳っています。

「ササニシキ」や「ひとめぼれ」などの宮城米、イチゴや梨などの果物、牡蠣やほや、秋刀魚、フカヒレなどの海産物、他にもずんだ餅、牛タン、冷やし中華、笹かまぼこ、仙台牛など、宮城県では海の恵みや山の恵み、大地の恵みを味わうことができるのです。ふるさと納税でそれらを手にされた方も多いかもしれませんね。

 

 

知らない人も多いかもしれませんが、お茶受けとし地元ではおなじみの「まころん」、「マコロン」という焼き菓子があります。フランスのお菓子「マカロン」と名前が非常によく似ていますが別物です。でしょうね(笑)

 

「マカロン」に「アーモンド」が使われているのに対し、「まころん」と「マコロン」には「落花生」が使われているという違いがあります。仙台駅の構内でも、地元のスーパーやコンビニでも購入できますよ❗️

 

   

 

2. 観光スポット

あおぽんが訪れたいと思っている、訪れた宮城県の観光スポットをご紹介していきます。

 

 

2−1. 南三陸さんさん商店街

コンセプトは、「サンサンと輝く太陽のように、笑顔とパワーに満ちた南三陸の商店街にしたい」

2012年2月25日に仮設商店街としてオープンしていた”さんさん商店街”が、震災から5年後の2017年3月3日(サンサン)にオープンした商店街です。

 

 大きな駐車場(無料)があり、公衆トイレ、飲食店、コンビニ、鮮魚店などが入っている平屋の施設になっています。

 

 

あおぽんがこちらを訪問したいと思った最大の理由は、

 

「イースター島から贈呈された本物のモアイ像が展示されている」

 

からです‼️

 

 

さんさん商店街の他に日本ではいくつか場所でモアイ像が見られるようですが、これらは全てレプリカなんです。

 

その中でも宮崎県のサンメッセ日南のモアイ像は有名ですが、こちらはイースター島から正式に認められている完全復刻版とのことです。ということは、他のは、、、

 

 

渋谷や蒲田にもあるじゃんと思った方もいるかもしれませんが、あちらは”モアイ像”ではなく、”モヤイ像”ですね。見た目といい、”モアイ”と”モヤイ”というネーミングといい、間違いそうですが、”モアイ像”は、イースター島の守護像、”モヤイ像”は 新島の力をあわせる、助け合いの像ということで、全く違うものなんです。

 

 

”モアイには「モ=未来、アイ=生きる」で「未来に、生きる」という意味があり、モアイ像はイースター島では守護像的な存在です。”

 南三陸モアイファミリーより引用

  

「モヤイ」はモアイを真似た名前であるが、同時に、日本語の動詞「舫う」(船を綱で繋ぎ留める)「催合う、最合う」(力を合わせる、助け合う、共同作業をする、共同で使用する)の意もあり、後者は日本の多くの地方では今では使われなくなった言葉だが、新島では使われているという。

 Wikipediaのモヤイ像より引用

 

 

 

イースター島からモアイ像が贈呈されることは世界初!そんな貴重なものが、日本にあるなんて。そんなことを知ってしまったら、もう、行くしかないですよね⁉️

 

ということで、南三陸町にある「さんさん商店街」まで東京から車をとばして行ってきました。駐車場に車を止めて、どこだ、どこだと探していたら、

 

 

 

じゃじゃ〜ん‼️

 

 

f:id:aopin:20190113031317j:plain

 

 

ありました‼️

あおぽんが行った時は他のお客さんに見向きもされておらず、ちょっと寂しい空間に。非常に貴重なものを目の前にして、大興奮なのはあおぽんだけ、、、

写真取り放題なのはよかったのですが、ちょっとだけ悲しくなりました😭😭😭

 

 

さらにアップ

 

 

f:id:aopin:20190113031350j:plain

 

カッコいいです❗️ モアイさん、ずいぶんとイケメンじゃないですか⁉️

よ〜く見てください、何か気づきません❓

 

 

 

 

  

そうなんです、南三陸町のさんさん商店街にあるこのモアイ像、なんと目が付いているんです‼️

その理由は、

 

「目を入れることでモアイ像に霊力(マナ)が宿ると信じられており、霊力を宿したモアイ像が、南三陸町の復興を末永く見守るようにと付けられたものです。」

 南三陸モアイファミリーより引用

 

 

なんだそうです。目の入った本物のモアイ像というのは、世界では2体しかないらしく、南三陸町に贈られたさんさん商店街にあるモアイ像は非常に貴重なものなんです。

見たくなってきませんか? 南三陸町復興のために皆さん、訪れてみましょう‼️

 

 

2−1−1. さんさん商店街への行き方

さんさん商店街への行き方は、1. 車、2. 高速バス、3. 電車とBRTバスの3つあります。

 

 

1. 車

車で行かれる方は、ナビに住所を入れたらスタートです❗️ 

住所は、”宮城県本吉郡南三陸町志津川字五日町51” 

 

東京からだと、ノンストップで5〜6時間くらいは掛かってしまうでしょうか。安全運転で行きましょう❗️

 

 

 

2. 高速バス

仙台から1日6便、仙台 〜 南三陸町を高速バスが通っています。さんさん商店街の最寄りの停留所は「BRT志津川駅」、下車したら目の前が商店街となっています。

 

片道1,700円、回数券(2枚)3,100円なので、往復される方は回数券がお得ですね。

 

高速バスの時刻表等の詳細はこちら

www.miyakou.co.jp

 

 

 

3. 電車とBRTバス

さんさん商店街へは、仙台駅から電車とBRTバスを乗り継いで行くこともできます。1日に数本の往復があるため時間調整もしやすいかと思います。 商店街最寄りのBRT停留所である"志津川駅"は商店街の目の前にあります。

 

1. 仙台でJR東北本線に乗車

2. 小牛田駅で気仙沼線に乗り換え

3. 小牛田駅から柳津駅(時間帯によっては前谷地)までは電車

4. 柳津駅(or 前谷地駅)から商店街まではBRTバス

 

 

仙台駅からBRT志津川駅までの経路は、”えきねっと”で簡単に確認ができます。

乗車駅に”仙台”、降車駅に”志津川”と入力して、検索してみて下さい。

仙台駅からだと、時間は2時間30分弱、料金は、1,540円掛かるようです。

 

www.eki-net.com

 

 

BRTバスの時刻表を見ると、柳津駅から志津川駅までは、30分ほどのようです。

画像をクリックすると、PDFの大きな画面で確認できます。

 

http://www.jreast.co.jp/railway/train/brt/pdf/data_kesennuma.pdf

 

 

時間が合えば、2. 高速バスの利用が楽でしょうね。ただ、高速バスの時間に縛られた行動になってしまうのと、他のところへ立ち寄るといったことも難しくなってしまいますので、あおぽんは車を利用したいですね。東京から車で行くのは大変ですので、仙台でレンタカーを借りるのがよいかと思います。

 

 

 

南三陸町さんさん商店街の情報

・施設名:南三陸志津川さんさん商店街(南三陸志津川さんさん商店会)
・店舗数:28店舗
・設備:公衆トイレ(2カ所・水洗)/ 大型の無料駐車場 /フードコート
・住所:宮城県本吉郡南三陸町志津川字五日町51
・URL:https://www.sansan-minamisanriku.com
・アクセス:高速バスもしくは電車&BRTを利用し、BRT志津川駅下車
・営業時間:店舗により異なります。ミニストップ は7:00〜23:00、お食事処は11:00〜が多いです。
・休業日:店舗により異なります。ミニストップ は年中無休。

 

 

 

3. グルメ 

あおぽんが宮城県に訪れて、食べたいと思っているもの、食べたものをご紹介していきます。

 

 

3−1. お寿司

最初にご紹介する宮城グルメは、あおぽんが大好きな「お寿司」です。

美味しいお寿司は日本全国いろんなところで食べることができますが、宮城県もその1つ。塩竈、石巻、気仙沼と全国有数の漁港があり、生マグロ・カツオ・サンマなどは全国トップクラスの水揚げを誇り、ホタテ、赤貝、アワビ、ホヤ、ウニなどの魚介類の種類も豊富です。

 

お寿司には欠かせないお米も、宮城米は高く評価されています。新鮮な魚と美味しいお米なのですから、宮城県のお寿司は美味しいに決まってます‼️

ちなみに塩竈、石巻、気仙沼にはお寿司屋さんが多く、この3市で103店舗もあるんですって。 

 

 

  

 

3−1−1. 北辰鮨  

あおぽんが最初にご紹介するのは、仙台駅にある「北辰鮨」さんです。仙台に出張がある時に、出張の1つの楽しみにして、訪れているお店です。

 

仙台駅にあるので、新幹線を利用する人には非常に便利な場所にあり、駅で美味しいお寿司が食べられるかなりメジャーなお店かと思います。

 

 

「北辰鮨」さんは、仙台駅に2つの店舗があります。

1つはJR「仙台駅」改札の外 西口3階のすし通りにある「仙台駅鮨通り店 」、もう1つはJR「仙台駅」改札外1階にある「仙台駅店」になります。「仙台駅鮨通り店」は立ち食いスタイル、「仙台駅店」は椅子があります。

*サイトによっては、仙台駅の3階にある店舗を「仙台駅3階店」、1階にある店舗を「仙台駅1階店」と表示しています。

 

仙台駅鮨通り店と比べると、仙台駅店はちょっとだけわかりにくい場所にあります。初めての方はこんな

 

1. 仙台駅1階まで降りたら、駅構内(西口)を出ます。

2. 構内を出たら、右方向(仙台PARCOのある方)へ駅構内に沿って歩きます。

3. 歩いていると、駅の端っこの方にポツンとお店が出てきます。

 

こちらは「仙台駅店」の外観の写真になりますので、イメトレしておきましょう。

 

f:id:aopin:20190113041950j:plain

 

 

数年前まではこの「仙台駅店」はあまり知られておらず、並ばずに入れる穴場店だったのですが、最近は並ばずに入れることは少なくなっていまいましたね。並ぶ時間がなく、あおぽんの仙台出張の唯一の楽しみがなくなってしまうことも多くなってしまいました、、、

 

 

こちらは、値段は決してお安くありませんが、うに、ほたて、鮪の中落ちがのった超おすすめの「特製どどんが丼」3,000円(税抜き) です。写真ではわからないかもしれませんが、鮪の中落ちがこれでもかっていう程、のっかっています‼️

 

 

f:id:aopin:20190113043622j:plain

 

 

もう少しお安く、いろんな味、ネタを楽しみたいという方には、こちらの「愛姫(めごひめ)」1,950円(税抜き)は如何でしょう❓美味しそうでしょ❓

 

f:id:aopin:20190113044035j:plain

 

 

はい、どれも美味しいんです‼️ 上の2つはどちらも仙台駅店でいただいたものです。立ち食いスタイルの仙台駅鮨通り店では、食べられないかもしれません。

仙台でお寿司が食べたくなったら、是非どうぞ❗️

 

北辰鮨は仙台駅に2店舗とご紹介しましたが、実は仙台駅直結のS-PAL仙台の地下1階には「魚の北辰」という鮮魚店を出されており、そこではテイクアウト(お寿司のパック)を購入することもできます。立ち食いスタイル、座席、テイクアウトと状況に合わせて店舗を使い分けられるところもいいですね。

 

 

 

北辰鮨 仙台駅店の情報

・施設名:北辰鮨 仙台駅店(仙台駅1階店)
・英名:Hokushin Sushi Sendai First Floor
・住所:宮城県仙台市青葉区中央1-1-1 JR仙台駅 1F
・電話:022-224-0170
・URL:https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4000281/
・アクセス:JR仙台駅1F
・営業時間:10:00~22:30(L.O.22:00)平日ランチ11:00~14:00 / 日曜営業
・休業日:無休
・カード:可 (VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
・駐車場:なし

 

 

本記事は情報を追記しながら、さらに内容を充実させていく予定です。

 

 

ご覧いただき、ありがとうございます&応援よろしくお願いします。

 

 

<免責事項>

・本ブログの内容は、正当性を保証するものではありません。

・本ブログの内容を利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

・最終的な決定は、自己責任でお願い致します。