あおぽんといっしょ

株式投資の不労所得でセミリタイアを目指すリストラ寸前ビジネスマンあおぽんのブログ

1-159. 「日経テレコン」のサービス(一部)を無料で利用しちゃう方法

スポンサーリンク

 

おはようございます、インカムゲインの不労所得でF.I.R.E ( Financial Independence, Retire Early )を夢見ているあおぽんです。

今日は「節約」に関する情報を提供させていただこうと思います。といっても、「Costco (コストコ)」じゃないですよ😅

 

最近電車で新聞を読んでいる人を見かけることが少なくなりましたが、あおぽん含め、多くの人はスマホやタブレットを使って情報(ニュース)を入手しているのではないでしょうか?

f:id:aopin:20200910215752p:plain

 

ネット上には無償で提供されている情報やニュースがたくさんあるのですが、有償の情報というのも多くなってますよね、、、

Google で情報を探して、見つけた情報を読んでたら、ここから先は有料会員様向けとなっていて、何度ガックリさせられてきたことか、、、😅

 

どれぐらいの費用になるかというと、 例えば、「日本経済新聞」を例にすると毎月これだけの出費になってしまいます😰

 

f:id:aopin:20200910181029p:plain

スポンサーリンク

 

有益な情報にはお金が掛かるということなのか、、、

新聞の情報料と印刷&配達料の割合なんて考えたこともなかったですが、こんな感じなんですね😅

 

 

本日あおぽんが紹介したいと思っているのは「日経テレコン」になります☝️

「日経テレコン」って、知ってます⁉️

「日経テレコン」がどんなものかというと、

 

  日経テレコン  ▼ 日本経済新聞社が提供するビジネス情報ツールです。
▼ 日本経済新聞を含む500を超える情報源から、最新ニュースや過去30年余りの記事、業界・企業、人事・人物情報を簡単に検索することができます。
▼ 日本経済新聞の場合、過去30数年にわたり検索することができます。
▼ 月額基本料金のほか、コンテンツの閲覧ごとに課金される情報利用料金が発生します。

 *日経テレコンのホームページより

 

先ほど紹介した「日経電子版」とは異なるのですが、以下の料金表にあるように「日本経済新聞」の情報を比較的安価に入手することができるのです。

 

t21.nikkei.co.jp

スポンサーリンク

 

 

「日本経済新聞」の「朝刊」と「夕刊」それぞれで、「本文」と「PDF」を購読すると月に合計「800円」になってしまうでしょうか⁉️🤔

これだけでもかなりお安くなっていいですよね?😁

 

あおぽんが知らなかただけかもしれませんが、実はもっと耳よりな情報があるんです☝️

 

どうやってみなさんがこのブログへたどり着けたのか、わからないのですが、きっと「株」や「配当金」に関して興味がある方や、実際に株式投資をされている方が多いと思うんですよね。

 

なので、すでに証券会社と契約されている方も多いかと思うのですが、 これを見ている「楽天証券」の口座を持っている、あなた

 

おめでとうございます‼️

f:id:aopin:20200910220954p:plain

スポンサーリンク

 

 

 

なんと、この「日経テレコン」を無料で利用することができちゃうんです👏

 

iPhone に「楽天証券」の「iSPEED」をインストールされていれば、「メニュー」→「ニュース」→「日経テレコン」と選択していくと、「Safari」が起動して「日経テレコン(楽天証券版)」を無料でみることができちゃうんです☝️

 

すごくないですか⁉️ 知ってました⁉️ 利用してました⁉️

「楽天証券」でこんな便利なサービスが利用できたんですね😁

 

ただ、すべての情報を利用できるというわけではなく、楽天証券用に利用できるサービスがカスタマイズされております☝️

 

  日経テレコン(楽天証券版)  ▼ 日本経済新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJなどの閲覧(3日分)
▼ 過去1年分の新聞記事検索
▼ 日経速報ニュースの閲覧

 *楽天証券のホームページより

 

楽天証券の口座を持っているだけで、利用できるんですから、充分過ぎるじゃないでしょうかね⁉️😅

 

口座は持っている人は利用しないのはもったいない、まだ「楽天証券」の口座をもっていないという方は、実際に取引をしなくても口座開設だけして「日経テレコン」を利用させてもらっちゃったらいかがでしょう⁉️

スポンサーリンク

 

 

メイン口座にしなくたって、複数の証券会社の口座を持っていることで「損出し」するのも簡単ですし、楽天証券が提供している「マーケットスピード」というトレーディングツール(アプリ)も無料で利用することができるようになります☝️

「マーケットスピード」経由で「日経テレコン」へアクセスすることも可能です。

 

ただいまデビューキャンペーン実施中の楽天証券の口座開設はこちらから💁‍♂️

  

エントリーすれば楽天ポイントもゲット☝️

 

さっそく、あおぽんも「iSPEED」経由で「日経テレコン」を利用してみましたが、なかなかいい感じでした😁

 

今回は無料で「楽天証券」の口座を持っている人は無料で「日経テレコン」を利用できちゃうという節約方法のご紹介でした👍

 

最後までご覧いただきまして、どうもありがとうございます。

バナーをクリックしていただけると、セミリタイアへ1歩近づくことができます。

応援よろしくお願いいたします🙇‍♂️

にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ

 

スポンサーリンク

 

  

<免責事項>

・本ブログの内容は、正当性を保証するものではありません。

・本ブログの内容を利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

・最終的な決定は、自己責任でお願い致します。