あおぽんといっしょ

株式投資の不労所得でセミリタイアを目指すリストラ寸前ビジネスマンあおぽんのブログ

1-42. 自動車保険の見直し

   

今年も保険会社から自動車保険更新のお知らせが届きました。あおぽんは車両保険にも入っているので、いろいろ特約を調整したとしても、結構な出費になるんですよね、、、

 

 

f:id:aopin:20180805120103p:plain

 

 

「自分は安い自動車保険に加入しているはず…」、「去年比較して、一番安い自動車保険に変えたばかりだから…」と思っていても、自動車保険は、毎年、見直しをすることが大切ということがわかりました。というのも、

 

 

去年一番安かった自動車保険が、今年も一番安いとは限らないから

 

 

です。

 

  

自動車保険会社は、他社から自社に切り替えてもらうために、ちゃ~んと他社を比較しております。
加入者の等級や住んでいるところ、乗っている車、年齢などの加入者側の条件、それに伴う保険会社側のリスク計算は変わっています。その結果、1番安くてお得な自動車保険会社は変わっていくのです。

 

 

なので、

 

 

自動車保険の見積もり比較は、毎年実施しましょう

 

 

5年ほど前からあおぽんは自動車保険を見直しするようにしていて、平均すると毎年数千円くらいの効果は出せているかと思います。

 

 

すでにダイレクト型自動車保険を契約している人は、正直保険内容を見直さない限り、数万円もの違いは出ないかと思います、出たらラッキー。

そのチャンスが一番ある人、それは

 

 

車を買った時にディーラーで一緒に任意保険を契約してしまった人

 

 

です。

 

 

車を購入する時に車体やオプションの値引きをしてもらう人は多いかと思いますが、任意保険は値引きしてもらわないですよね?あおぽんの周りでもそんな人聞いたことありません。

 

 

車のディーラーは保険の代理店であり、保険の成約に応じて、保険料のおおよそ20%前後の手数料を保険会社から得ています。

 

 

その手数料は保険料に転換され、結局加入者が支払ってることになるのです。ダイレクト型自動車保険は、その中間コストを抑えることができるので、代理店型自動車保険と比べて安い保険料を実現させてるのです。

 

 

ディーラーで任意保険を契約してしまっている人は、試しに複数の保険会社から見積もりを取って比較してみてください。

 

 

一括見積もりの唯一のマイナスな点は保険会社から毎年メールで案内が届くことぐらいでしょうか。

※メールの配信停止は可能です

 

 

あおぽんも見積もりとって、来年の自動車保険を検討しようと思います。

免許証と車検証に記載されている情報(初度登録年月、型式等)があれば、ネットで簡単に見積もりが取れます。

 

 

ご覧いただき、ありがとうございます&応援よろしくお願いします。

  

<免責事項>

・本ブログの内容は、正当性を保証するものではありません。

・本ブログの内容を利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

・最終的な決定は、自己責任でお願い致します。