あおぽんといっしょ

不労所得で FIRE を目指す外資系サラリーマン あおぽんのブログ

5−16. 【節約】【携帯料金プラン】2022年 携帯料金プランの見直し

 

こんにちは、ファイナンシャルプランナー (3級 FP技能士)のあおぽんです👋

今日も「あおぽんといっしょ」にご訪問いただきまして、どうもありがとうございます🤗

 

インカムゲインの不労所得で「早期退職」、「F.I.R.E」を目指し始めてから、すでに4年目に突入

 

本日は2022年の携帯料金プランの見直しについて書いていこうと思います

「収入」を増やすことは重要ですが、「支出」を減らすことは同じように重要ですからね😉

f:id:aopin:20220109220951p:plain

 

現在契約しているのは「楽天モバイル」の「UN-LIMIT Ⅵ」なのですが、今は1年間無料キャンペーンのおかげでタダで使わせてもらっています

f:id:aopin:20211213205219j:plain

 

そのキャンペーンも今月いっぱいということで、携帯料金プランの見直しを迫られております

このキャンペーンの締め切りは2021年4月7日(水)23:59でしたから、同じような悩みを持っている方にも参考になるかもしれません

 

私が携帯(スマホ)に求める条件はこんな感じになります💁‍♂️

 

▼ データ通信だけではなく、音声通話も必要

▼ データ通信量は3~7GB

 - 家に Wi-Fi 環境あり

 - コロナの影響で外出する機会が大幅に減少

▼ プラチナバンド

 - 楽天モバイルだけだと回線が不安

 

いろいろ情報を集めて比較した結果、2022年の携帯料金プランはこちらの2つに絞られました

 

  Contents  ▼ 「mineo(マイネオ)」の「マイピタ」
▼ 「楽天モバイル」+「povo(ポヴォ)2.0」デュアル SIM 運用
▼   2022年 携帯料金プランは 〇〇 に決定

 

 

「mineo(マイネオ)」の「マイピタ」

スポンサーリンク

 

 

f:id:aopin:20220109230043p:plain

*mineo のホームページより

マイネオの料金プランはこんな感じになっています💁‍♂️「f:id:aopin:20220109231210p:plain

*mineo のホームページより

 

この中で条件をクリアするのは「音声+データ通信(デュアルタイプ)」の方になります

データ通信量はそれほど必要としませんから、この中だと「1GB」(1,298円)か「5GB(1,518円)」

 

容量を使い切った後は最大「200kbps」で通信できるみたいですが、さすがにこのスピードだと厳しそうなので、「パケット放題 Plus」は付けておきたいオプション

f:id:aopin:20220109235730p:plain

*mineo のホームページより

 

「パケット放題 Plus」を付けて月額いくらになるかというと、こんな感じになります💁‍♂️

 

▼ 音声通話+1GB のデータ通信: 1,683円

▼ 音声通話+5GB のデータ通信: 1,903円

* 容量を使い切った後は 1.5Mbps

 

どうでしょう❓

プラチナバンドの「au」、「ドコモ」、「ソフトバンク」の回線が選べて、このお値段

 

そうそう、「楽天モバイル」だと「無料」だったので忘れてましたが、「マイネオ」は「事務手数料」が必要なんですね😅

f:id:aopin:20220109234554p:plain

*mineo のホームページより

 

1GB にするか、5GB にするかは悩むところですが、それを決める前に「マイネオ」対抗のプランを確認しておきましょう

 

 

「楽天モバイル」+「povo(ポヴォ)2.0」の デュアル SIM 運用

スポンサーリンク

 

 

「楽天モバイル」のプランはたった1つ、使った容量に応じて金額が変わる従量課金になります💁‍♂️

f:id:aopin:20220110003956p:plain

*楽天モバイル のホームページより

 

容量単価で考えるとめちゃくちゃ安い

 

けど、1年使ってみてわかったマイナスポイントは

 

▼ 楽天回線エリア内でもパートナー回線に接続

▼ auローミングが終了した地域で楽天回線の電波が届かなければ圏外

▼ 楽天回線エリア内でも建物の中は圏外

f:id:aopin:20211220185512j:plain

 

無料でサービスを受けている身ですから、文句は言えないですけどね😅

 

挙げたマイナスポイントは「楽天モバイル」の回線によるものですから、解決のためには回線を変えるか、バックアップの回線を用意しておくかの2択

 

「楽天モバイル」を変えるのであれば「マイネオ」、「楽天モバイル」のバックアップ回線となるものを探して行きついたのが「povo 2.0」になります💁‍♂️

 

自分がバックアップ回線に求める条件というのは

 

▼ コストが安い

▼ 楽天回線が使用できない時にも使える

 

「povo 2.0」は「基本料が0円」です👍

f:id:aopin:20220110013926p:plain

*povo 2.0のホームページより

 

そして、いろんなトッピングの中から自分にあうものを選ぶことができる👍👍

f:id:aopin:20220110014847p:plain

スポンサーリンク

 

 

「コストが安い」という条件はトッピングを購入しなければ「0円」での運用も可能なので👌

*180日間以上有料トッピングの購入等がない場合、利用停止、契約解除となるかもしれませんが、、、

 

問題は「povo 2.0」は「 楽天回線が使用できない時に使える」のか❓

これは楽天回線が届かない場所で「povo 2.0」のトッピングを購入することできれば、👌 となります

 

「povo 2.0」では 0円/0GB 時でも送受信最大128kbps で通信が可能ですので、この環境でトッピングを購入することができるかどうか❓

 

ネットで調べると実際に試されている人も多く、どうやら「できる」っぽい

トッピングを購入しなくても LINE のテキストメッセージの送受信であったり、LINE 通話、キャッシュレス決済アプリも使えそうな感じ

f:id:aopin:20211213200734j:plain

 

改めて料金についても確認しておきます

 

▼ 4GB のデータ通信 楽天モバイル(~3GB)+povo(1GB) : 1,468円

▼ 4GB のデータ通信 povo(3GB)+楽天モバイル(~1GB) : 990円

▼ 5GB のデータ通信 povo(3GB)+楽天モバイル(~1GB)+povo(1GB) : 1,380円

 

最安となるのは4GB 未満の場合で、まず「povo」で「3GB」のトッピングを購入、足りない場合は「楽天モバイル」を無料の範囲(~1GB)で「980円」

 

それでも足りない場合は「povo」の「1GB」トッピングを購入すれば、5GBで1,380円になります

 

ただ「楽天モバイル」はデータ無制限で使えてしまうので、使用量を1GB 未満にコントロールできるかがカギになりそうです

 

 

2022年 携帯料金プランは 〇〇 に決定

スポンサーリンク

 

「マイネオ」へ移行してしまうか❓、「楽天モバイル」を維持させたまま、「povo」を追加契約するか❓

f:id:aopin:20211210204318j:plain

 

出した結論は

 

「楽天モバイル」+「povo(ポヴォ)2.0」の デュアル SIM 運用

 

でいくことにしました

 

データ容量を4~5GB に抑えることができれば「マイネオ」よりもかなり安くなりますし、「povo」は「事務手数料」が無料というのがその理由になります

 

データ容量が足りなかったら、その時は「マイネオ」にしちゃうかもしれません、、、😅

 

 

最後までご覧いただきまして、どうもありがとうございます

バナーをクリックしていただけると、サイド FIRE へ1歩近づくことができます

引き続き応援よろしくお願いいたします🙇‍♂️

にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ

 

 

それでは、また明日👋🏻

 

 

<免責事項>

・本ブログの内容は、正当性を保証するものではありません。

・本ブログの内容を利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

・最終的な決定は、自己責任でお願い致します。

 

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。