あおぽんといっしょ

株式投資の不労所得でセミリタイアを目指すリストラ寸前ビジネスマンあおぽんのブログ

1-54. (2503)キリンホールディングス株式会社の株でがっちり儲ける

 

1. 株式会社

 

証券コード:2503

会社名:キリンホールディングス株式会社

単元株数: 100

 

1−1. 特徴

ビール類シェア国内2位。ブラジル撤退で海外は亜・豪州に専念。傘下に医薬の協和発酵キリン

 

1−2. 主な株価指標

 

時価総額 24,513 億円
予想PER 15.59
実績PBR 2.56
予想配当利回 1.79%
BPS(円) 1,043
<◇18. 3> (1,050)
売買単位 100
自己株保有 0.15% (17/12)

 

 

 

の配当をいただきました。

 

 

f:id:aopin:20180707143656p:plain

 

2. 配当

株価2,682.0円(9/9)に対し、予想配当利回りは、1.79%と、2%を切ってしまう低い状況となっております。9/5にあおぽんが受け取った配当はこちら

 

2018年配当          
コード 所有株 株数 1株あたりの配当金 配当(税引き前) 配当(税引き後)
2503 キリンホールディングス 100 ¥24 ¥2,400 ¥1,913

 

 

3. 優待

グループ会社商品等

 

100株以上

1,000円相当
1000株以上 3,000円相当

 

4. 優待に関して

実際にいただける優待は、キリンホールディンググループ企業の商品となります。ちょっと見てみましょう。

 

4−1. キリンビールギフト

キリンと言えば、ビールですね。100株以上1000株未満の人には1000円分ということでビール4本がもらえます。今年は写真の一番搾りのセットが届きましたが、去年は”47都道府県の一番搾り”から4本分をいただきました。

一番搾りの優待がいつ届くかというと、4月下旬~6月下旬頃になります。 

 

f:id:aopin:20180909124556j:plain

※1000株以上の株主は、3000円相当となる350ml x10本と500ml x2本の計12本の一番搾りセットがもらえます。 

 

 

4−2. キリンビバレッジ商品詰め合わせ

お酒が飲めない人向けには、キリンビバレッジのソフトドリンク詰め合わせ。100株以上1000株未満の人には1000円分ということで7本がもらえます。

キリンビバレッジ商品詰め合わせがいつ届くかというと、5月中旬~6月下旬頃になります。

 

f:id:aopin:20180909124644j:plain

※1000株以上の株主は、3000円相当となるソフトドリンク詰め合わせ計18本がもらえます。 

 

4−3. メルシャンワイン詰め合わせ

ビールよりワインが好みの人には、メルシャンワインからカノン・デュ・マレシャル オマージュ ルージュ/ブラン(各1本 合計2本)がもらえます。残念ながら、こちらは1000株以上の株主にのみ提供される優待になります。

メルシャンワイン詰め合わせがいつ届くかというと、4月中旬~6月下旬頃になります。 

 

f:id:aopin:20180909124716j:plain

 

 

4−4. キリンシティお食事券

100株以上1000株未満の人にはビアレストランのキリンシティで使えるお食事券

1000円分がもらえます。

キリンシティお食事券がいつ届くかというと、6月上旬~6月下旬頃になります。

 

f:id:aopin:20180909124737j:plain

※1000株以上の株主は、お食事券3000円分がもらえます。 

 

4−5. サッカー日本代表応援グッズ

100株以上1000株未満の人にはSAMURAI BLUEオリジナルグッズ (タオルマフラー) 株主限定オリジナルデザインがもらえます。株主限定オリジナル、他では買えないというのが、なんとも株主の気持ちをくすぐります。

 

 

2015年からサッカー日本代表のオフィシャルパートナーとなってるキリンビール株式会社、キリンビバレッジ株式会社、キリン株式会社ですが、契約期間は2022年12月31日と決まっています。この優待を手にいれることができるのは、残りわずかかもしれません。

 

 

サッカー日本代表応援グッズがいつ届くかというと、5月中旬~6月下旬頃になります。

f:id:aopin:20180909150038j:plain

 ※1000株以上の株主は、3000円相当のサッカー日本代表応援グッズとなります。

 

 

 

予想配当利回りは1.79%と高くありませんでしたが、優待利回りはどうでしょうか。

9/9の株価を利用して、配当利回りを計算してみると、1,000円の優待を受け取るためには、

 

2,682.0円/株 x100株 = 268,200円

 

を投資する必要があるので、配当利回りは、

 

1,000➗268,200 ≒ 0.0037=0.37%

  

となりました。配当と優待の利回りの合計は、2.16%となりますので、やっと2%を超えてくるレベル。長期保有する株としてはあまり魅力的ではない結果となりました。

 

 

5. キリンホールディングスについて

キリンビールは今年末で世界で人気の高い海外ビール「バドワイザー」の日本での製造販売を終了。といっても、日本で「バドワイザー」が飲めなくなってしまう心配はなく、来年以降はバドワイザーのブランドを持っている世界最大手のビール会社のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABI)が輸入販売するそうです。

 

ABIは、2015年に日本法人を設立してますので、3年前から準備を進めていて、キリンビールの販売網はもう必要ないということでしょうか。

 

 

このニュースがキリンビールの経営にどこまで影響があるのかわかりませんが、事実が判明した7月24日から株価は下落、、、

 

f:id:aopin:20180912232035p:plain

 

 

今年の夏の暑さは殺人的でしたが、ビール大手4社の8月のビール系飲料の販売量は2%の減少。マジ?ウソでしょ。ただ、その中でキリンビールだけ前年の実績を上回ったようなので、これはキリンホールディングスの株主にとってはいいニュースですね。

 

 

CMに俳優の江口洋介さん、松本幸四郎さん、女優の井上真央さんが出演している「本麒麟」の販売が好調のようです。税金が安い第三のビールを選ばれているようです。

 

 

350ml缶のビールの小売価格は205円ですが、そのうち税金は77円、4割も税金って、搾取し過ぎですね。第三のビールの方は、小売価格の133円のうち28円が税金なので、2割なので許せる範囲ですかね?

 

 

ご覧いただき、ありがとうございます&応援よろしくお願いします。 

 

<免責事項>

・本ブログの内容は、正当性を保証するものではありません。

・本ブログの内容を利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

・最終的な決定は、自己責任でお願い致します。