あおぽんといっしょ

不労所得で FIRE を目指す外資系サラリーマン あおぽんのブログ

1−414. 【外貨預金】「外貨預金」は「リスクが高い」、「おすすめしない」商品というのは本当ですか ❓

スポンサーリンク

 

 

こんばんは & おはようございます、ファイナンシャルプランナー (3級 FP技能士)のあおぽんです👋

今日も「あおぽんといっしょ」にご訪問いただきまして、どうもありがとうございます🤗

 

インカムゲインの不労所得で「早期退職」、「F.I.R.E」を目指し始めてから、すでに4年目😅

時間は掛かりましたが、平均で毎月10万円前後の不労所得を手にすることできるようになりました

「F.I.R.E.」を目指している人はいっしょにがんばりましょう👍

 

最近の急激な「円安」、「外貨預金」や「FX」に興味を持ち始めている人も多いようで、わたしも同僚から「外貨預金」について相談をされました

 

「外貨預金」についてネットを調べてみると、銀行に勧められるまま「外貨預金」をしたら失敗したとか、かなり否定派の人が多かったようで、心配しているみたいです、、、

f:id:aopin:20200528223032p:plain

ということで、本当に手を出してはいけない金融商品なのか、「外貨預金」で重要になってくる3つを順番に確認していきます

  Contents  ▼ 為替レート
▼ 為替手数料
▼ 金利
▼ まとめ

 

▼ 為替レート

為替レートとは「外国為替市場において異なる通貨が売買される際の交換比率」のこと

 

「為替レート」は変化する、元本保証されていない「外貨預金」は減るリスクがあるので「外貨預金」はやめた方がいいという人もいるようです

たしかに、「外貨預金」は元本割れしてしまうという「リスク」があります

 

具体的な例で考えてみましょう💁‍♂️

為替レートが「100円/米ドル」のタイミングで「100万円」を米ドルに交換すると「10,000米ドル」を手にすることができます

*為替手数料・税金は考慮していません

 

次に保有している米ドルを円に交換するタイミングの為替レートが「90円/米ドル」になっていたら、どうでしょうか❓

今「10,000米ドル」持っているので、「10,000米ドル x 90円」の「900,000円」を手にすることができます

 

おれの「100万円」が「90万円」に❓

f:id:aopin:20211229223431j:plain

ドルに対して円の価値が上がる「円高ドル安」になってしまったので、ドルで交換できる円の量が少なくなってしまいました

 

では、逆にドルに対して円の価値が下がる「ドル高円安」になっていたら、どうでしょうか❓

まさに今がそんな状況で「ドル高、円安」が急速に進んでしまっています

今日はついに「128円」を突破😲

jp.reuters.com

 

「10,000米ドル」を保有していると、「10,000米ドル x 128円」なので、「128万円」になりました

円の価値が下がったことで、ドルで交換できる円の量が増えたことになりますね

 

こちらは2013年から現在までの「米ドル/円」のチャートになりますが、上がったり、下がったりしていることがよくわかると思います👇

f:id:aopin:20220416181602p:plain

*SBI証券のホームページより

 

「為替レート」は変化するもの、交換するタイミングを自分で決定することができます

余裕資金での長期運用ができるのであれば、リスクをかなり軽減できるのではないでしょうか

 

  補足  金融機関によって「為替レート」に「TTS(Telegraphic Transfer Selling rate)」や「TTB(Telegraphic Transfer Buying rate)」と記載しているところがあります

「TTS」は「円」から「ドル」に、「TTB」は「ドル」から「円」へ交換する時の交換レートのことであり、「仲値(なかね)」に次で説明する「為替手数料」を含めた交換レートになっています

 

 

為替手数料

スポンサーリンク

 

 

先ほど「為替レート」について確認しましたが、わかりやすくするために「為替手数料」に関しては触れてませんでした😅

 

先ほどは例として、為替レートが「100円/米ドル」だと「100万円」が「10,000米ドル」になると説明しましたが、実際にはもっと少ない金額になってしまいます

その理由が金融機関に取られる「為替手数料」ということになります

 

為替手数料は金融機関によって異なりますので、どのくらいの手数料が掛かってくるのか、私がお世話になっている銀行で比較してみようと思います

 

以下は2022年4月19日に各金融機関のホームページで確認できたものになります

「三菱UFJ銀行」

f:id:aopin:20220417134135p:plain

「窓口」はちょっと高額過ぎ、「インターネットバンキング」だと「1/4」になりますが、それでもちょっと高い感じがしますね😅

 

「新生銀行」

f:id:aopin:20220417134228p:plain

金融資産の取扱い金額が多いと手数料が優遇されてますね😉

一番低い スタンダード でも「三菱UFJ銀行」のインターネットバンクよりお得です👍

 

「住信SBIネット銀行」

f:id:aopin:20220417134248p:plain

確認した銀行で手数料が一番お得だったところは、ここ👌

さらにお得になるのが「外貨積立」👇

f:id:aopin:20220417134319p:plain

 

各社で安い方の手数料で比較するとこうなりました👇

25銭(三菱UFJ銀行)> 7銭(新生銀行)> 2銭(住信SBIネット銀行) 

 

この手数料は「円」から「ドル」にする時の手数料なので、再び「ドル」から「円」に戻す時は手数料が掛かってきます

たとえ為替の方が一定であっても、手数料が掛かってしまうのでドル転、円転をすることで通帳の残高が減ることになります

 

外貨預金をする時は「為替手数料」ができるだけ安いところを探した方がいいですね

 

今回挙げた「新生銀行」は「マネックス証券」へ、「住信SBIネット銀行」は「SBI証券」へ、預けている「ドル」を出金させて「米株式」への投資もできるようになっています

 

今は終了してしまっていますが、「新生銀行」と「住信SBIネット銀行」では「円からドル」への為替手数料が無料になるキャンペーンが行われることがあるので、事前にチェックすることをおススメします👇

f:id:aopin:20220417144042p:plain

 

 

金利 

スポンサーリンク

 

 

「外貨預金」の金利に関してはどの金融機関でも日本円に比べて「外貨預金」の方が高くなっています

 

三菱UFJ銀行の「スーパー普通預金」の金利は「年利0.001%」、100万円を1年間預けると「10円(税引き前)」の利息になります

これを基準に比較してみましょう

「三菱UFJ銀行」

f:id:aopin:20220417171516p:plain

1年間預けて「2,100~3,100円(税引き前)」、スーパー普通預金とは比較にならないほどいいですね

他の銀行も見ていきましょう

 

「新生銀行」

f:id:aopin:20220417171540p:plain

三菱UFJ と比較するとさらに10倍近い金利です

ステージにもよりますが、1年間預けると「20,000~20,200円(税引き前)」も受け取ることができます😲

円からドルで預けると特別金利(米ドルは年利4.00%、1ヶ月もの)になるのも👍

 

「住信SBIネット銀行」

f:id:aopin:20220417171606p:plain

「三菱UFJ」と「新生」のちょうど間ぐらいでしょうか😅

1年間預けると「1,1000(税引き前)」の利息になりますね

 

各社で低い方の年利で比較するとこうなります👇

2.000%(新生)> 1.100%(住信SBIネット)> 0.210%(三菱UFJ) 

 

新生銀行の「2%」 に魅力を感じるのは自分だけですかね❓😅

 

ただ、外貨預金の「金利」表示で注意しなければいけないケースがあるのも事実です

これはある銀行における「米ドル」定期預金の金利になります👇

f:id:aopin:20220417174554p:plain

年8.00%😲

何かカラクリがあるのでしょうか❓

 

👆で注意しなければいけないのは、「7日もの」と「円からの預入時のみ」という2つのキーワード

この定期預金は「円で米ドルを定期預金を始めると、7日間だけ年利8.00% の金利が付く 」ということになります

f:id:aopin:20180617020951p:plain

年8.00% というのは1年間(365日)預けることでもらえるものであって、「7日もの」とは、その7日分ということになります

つまり、「8.00% ÷ 365 x 7」となるわけです

 

例えば、10,000米ドルを年利8%で、7日間預けた場合の利息というのは、このように計算できます

 

10,000米ドル x 0.08 ÷ 365 x 7 = 15.34米ドル(税引き前)

 

うそじゃないけど、「円からの預入時のみ」と書かれている通り、8日目以降はこの金利で預け続けることができないんだから、その点は気をつけるのよ

f:id:aopin:20220417200833p:plain

注意は必要ですが、ちゃんと理解していればこわくないですね

【預ける米ドル】 x 【年利】÷ 365x 【何日物】 = 受け取れる利息(米ドル、税引き前)

 

私の場合は一定の「ドル」を長期保有し続けているので、複利の効果が1番期待できる「新生銀行」を利用しています

「マネックス証券」だけでなく「SBI証券」への出金に対応してくれるようになれば、「外貨」運用の幅を広げられるんだけど、、、😅

 

 

まとめ 

スポンサーリンク

 

 

「外貨預金」で気をつけなければいけない「為替レート」、「為替手数料」、「金利」について見てきましたが、きちんと理解しておけば、一概に悪いものとは言えませんね

*「外貨預金」は「預金保険制度」の対象ではありません

 

じゃぁ「日本円」の預金だけをしておけばいいのかというと、自分の考えは

f:id:aopin:20220418164244p:plain

もちろん、「生活防衛資金」を残した「余裕資金」の範囲内での話になりますが、、、

 

「物価が安くなる、変わらない」という状況であれば、「日本円」だけでいいのかもしれませんが、携帯料金を除けば、ほぼすべての「もの」や「サービス」の値段が上がってきています

そう、税金もね😅

 

物価は上がってるのに銀行の預金残高が変わらないというのは、その価値が下がってるのと同じこと

「外貨預金」は「株」や「不動産」と同じように自分の資産を守る方法の1つになると考えています

 

日本政府や日銀が円安を止める動きをしてくるのか、さらに円安が進んでしまうのかは誰にもわかりませんから、「投資信託」と同じように「外貨」も積立で始めるのがよさそうですね😉

 

それにしても今の円安の状況は本当にひどい😱

toyokeizai.net

次期 iPhone はいくらになってしまうのだろうか

それでは、また明日お会いしましょう👋🏻

おやすみなさい💤

 

最後までご覧いただきまして、どうもありがとうございます

バナーをクリックしていただけると、サイド FIRE へ1歩近づくことができます

引き続き応援よろしくお願いいたします🙇‍♂️

にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ

 

 

<免責事項>

・本ブログの内容は、正当性を保証するものではありません。

・本ブログの内容を利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

・最終的な決定は、自己責任でお願い致します。

 

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。