あおぽんといっしょ

株式投資の不労所得でセミリタイアを目指すリストラ寸前ビジネスマンあおぽんのブログ

1-20. (9306)株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループの株でがっちり儲ける

※2018年7月11日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2018年12月9日に再度公開しました。 

 

1. 株式会社

証券コード:9306

会社名:株式会社三菱UFJフィナンシャル・ブルーぷ

単元株数:100

 

 

1−1. 特徴

国内最大の民間金融グループ。銀行、信託、証券、カード、リース等。米州・アジアでの展開を進める。

 

1−2. 主な株価指標   

 

時価総額 85,985 億円
予想PER 10.06
実績PBR 0.51
予想配当利回 3.23%
配当性向 30.3%
<連18. 3> (1,138)
売買単位 100
自己株保有 5.08% (18/03)

 

 

  

の配当をいただきました。

 

f:id:aopin:20180707143656p:plain

 

2. 配当

株価618.6円に対し、予想配当利回りは、3.23%(7/6)と、やや高めに見えます。しばらく株価を下げ続けた結果であるため、あおぽんはまったく嬉しくないですけど。

 

2018年配当          
コード 所有株 株数 1株あたりの配当金 配当(税引き前) 配当(税引き後)
9306 三菱UFJ 1500 ¥10 ¥15,000 ¥11,953

 

 

※2018年12月9日追記

第14期中間配当として12/5にいただいく配当は以下のようになりました。

 

2018年配当          
コード 所有株 株数 1株あたりの配当金 配当(税引き前) 配当(税引き後)
9306 三菱UFJ 2000 ¥11 ¥22,000 ¥17,531

 

 

3. 優待

 

優待に関しては、

 

提供なさそうです。

去年まではピーターラビットのタオルをもらえてたと思ったのですけど、なくなったようです。

配当性向40%をめざすと公言されてますが、何年後に目指そうとしているのでしょう?目標値だけでなく、いつまでに実現させるかという期日も表明してもらいところです。

三菱UFJフィナンシャル・グループの2018年3月期末配当および2019年3月期年間配当予想について

 

 

 

※2018年12月9日追記

三菱UFJフィナンシャル・グループのホームページより

 

株主の皆さまへの公平な利益還元のあり方という観点から慎重に検討を重ねました結果、「利益成長を通じた1株当たり配当金の安定的、持続的な増加をめざす」という基本方針に基づいて運営していくことが適切であると判断し、株主優待制度を廃止させていただくことといたしました。 

 

https://www.mufg.jp/stock/benefit/topic/index.html

 

 

確認をしたところ、やはり優待は廃止されておりました。”公平な利益還元”というのは、株主優待タダ取り(クロス取引・つなぎ売り)対策でしょうか?他の企業ではクロス取引による優待タダ取りを防止するために複数年所有の条件を設け始めたりしてますね。

 

 

4. 三菱UFJ株について

三菱UFJの12年度から18年度(予想)までの1株当たりの配当と配当性向はこのようになっておりました。

 

 

  12年度 13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度
1株当たりの配当 13円 16円 18円 18円 18円 19円 22円
配当性向 22.0% 23.4% 24.6% 26.3% 26.4% 25.5% 30.3%

 

 

1株当たりの配当は、14年度から16年度は変わっておりませんが、直近である17年度から18年度は15%強増加させてますね。これが株主優待廃止の効果だとすると、不労所得を多く得たいと考えているあおぽんにとっては、よい結果になっています。

 

 

 

さて、せっかくなので配当性向40%が何年後に実現できそうなのか、過去のデータから考えてみました。細かな計算方法はわからないので、感覚的な計算をしちゃってますが😥😥😥

 

 

 

1. 13年度以降の配当性向の年間増加率から年間平均配当性向増加率を計算(5.69%アップ)

2. 18年度から何年で40%となるか計算

 

 

 

その結果

 

 

 

5年後の23年度

 

 

計算結果がかなり現実的な数字となっていて、ちょっとびっくり❗️❗️

*実際には40%ではなく、39.958%

 

 三菱UFJだけでなく、ほとんどの銀行の株価は低迷しているのですが、配当利回りも3〜4%と高めであるところに魅力を感じています。

 

 

 

<免責事項>

・本ブログの内容は、正当性を保証するものではありません。

・本ブログの内容を利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

・最終的な決定は、自己責任でお願い致します。